大阪府堺市の「医潤会内視鏡クリニック」は胃・大腸内視鏡専門施設です。堺東駅・堺市駅からもアクセス便利な内視鏡専門のクリニックです。
ニュース
  1. HOME
  2. ニュース
  3. その他

その他

潰瘍性大腸炎(IL-17シグナルと遺伝子異常)

慢性炎症に罹患した組織においては、正常組織とは異なった組織の再構築が生じている可能性が示唆されているが、発癌リスクの上昇と遺伝子変異の観点から、どのような再構築が生じて、発癌に関わるかについては未だ十分に解明されていない …

スキルス胃癌

スキルス胃癌は、ギリシャ語の硬いものというスキロスから派生した病名で、臨床的には「胃癌取扱い規約」に準じて“著明な潰瘍形成も周堤もなく、胃壁の肥厚・硬化を特徴とし、病巣と周囲粘膜との境界が不明瞭なもの”と定義され、びまん …

好酸球性食道炎

好酸球性食道炎は食道上皮に好酸球が浸潤しTh2優位の炎症が持続することにより食事のつかえ感や胸焼けを生じ、運動機能異常や狭窄を合併する慢性アレルギー疾患である。 欧米では胃食道逆流症についで多く、本邦でも増加の一途をたど …

PPI(副作用)

プロトンポンプ阻害薬(PPI)は広く普及している酸分泌抑制薬である。 しかし、食生活の欧米化やそれに伴う肥満による食道裂孔ヘルニアによる胃食道逆流症(GERD)、また高齢者の腰痛などに投与される非ステロイド性抗炎症剤によ …

除菌時のPPIの役割

胃癌患者のほとんどにピロリ菌感染または感染既往があり、除菌により胃癌発生の危険性は減少する。 現在、保険適応になっている除菌療法は、抗菌薬であるアモキシシリン・クラリスロマイシンとプロトンポンプ阻害薬(PPI)との3剤併 …

食道癌(ステント留置)

食道癌の進展形式は、粘膜から発生した癌は隆起しながら周囲へ広がりやがて狭窄を呈する。 食道外部この狭窄症状である嚥下困難(つかえる感じ)はかなり進行した場合でも出にくい場合が多い。 そのため、症状発生により上部内視鏡検査 …

分子標的薬・免疫チェックポイント阻害薬(副作用)

分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤は、転移などを有する難治性癌に対し著名な効果をもたらす場合がある。 しかし、副作用などの有害事象を伴うことも多く、慎重な投与が必要である。 分子標的薬においては、ベバシズマブに代表さ …

進行性食道癌(狭窄症状)

喫煙や飲酒に加え、食事の欧米化やピロリ菌除菌による胃酸の逆流により、バレット食道から食道癌の発生が増加している。 食道癌の約半数が中部から下部食道に多く発生し、食道の粘膜から発生した癌は、進行すると深部から外膜へと広がり …

免疫チェックポイント阻害薬 

食道・胃・大腸癌に対しては早期・進行性での発見の場合は完治するほどの目覚ましい医学的進歩がある。 しかし、転移癌のような難治性腫瘍の場合は、抗癌剤治療での完治は難しくさまざまな分子標的薬が開発され、最近は、従来の細胞障害 …

胃MALTリンパ腫(外科的治療)

MALTリンパ腫(mucosa-associated lymphoid tissue:MALT)は粘膜や腺に付随してみられるリンパ組織を発生母地として生じるB細胞系の低悪性度リンパ腫である。 発症部位としては消化管、扁桃 …

Page 17 / 20«161718»

クリニック情報

診療時間

● 予約検査
午前 9:00〜12:00
● 初診・診察
午後 2:00〜 4:00
◎土曜日(午前)は、初診も行っております

休診日

土曜午後、水曜、日曜、祝日

アクセス情報

  • 堺東駅より徒歩7分
  • 堺駅より堺東駅行きシャトルバス (3番乗り場)で約8分。 熊野小学校前下車すぐ

〒590-0946 大阪府堺市堺区熊野町東4-4-19