大阪府堺市の「医潤会内視鏡クリニック」は胃・大腸内視鏡専門施設です。堺東駅・堺市駅からもアクセス便利な内視鏡専門のクリニックです。

ニュース

  • HOME »
  • ニュース

食道癌AI内視鏡診断システム第一世代

食道癌は早期に発見されば、ESDなどの内視鏡切除により完治が可能である。 しかし、早期の食道癌には、上皮下乳頭内血管ループ所見のようなNBIでも発見・診断に苦慮する場合がある。 特に内視鏡医の診断能力の差異による見逃しの …

食道癌におけるAI内視鏡診断システム

食道癌は世界で罹患率第7位の癌であり、癌関連死の原因の第6位である。 本邦を含むアジア諸国において食道癌の大半が食道扁平上皮癌 (esophageal squamous cell carcinoma; ESCC)であり、 …

クローン病発生要因としてのオートファジー機能不全

クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患は、腸管粘膜に慢性の炎症や潰瘍を起こす免疫異常による全身疾患で、発熱、栄養障害、肝障害などの合併症を伴うことがある。 特に、クローン病は、遺伝的要因と細菌、ウイルスの感染、喫煙な …

病理診断AIによるゲノム異常解析

病理診断は、内視鏡時生検検体だけでなく、乳がんに対する生検標本などにも行われる。 病理医の煩雑かつ難解な診断時の労力に対して、生検診断以外にも病理診断への応用が期待されるさまざまなAIが開発されている。 乳癌のリンパ節転 …

消化管疾患における病理AI技術の遺伝子異常検査

遺伝子異常の状態を調べるためには、通常は遺伝子検査や免疫組織化学的検索などを行う必要があり、コストや労力を要し、また地域や施設によっては実施困難な状況も存在する。 近年の病理診断におけるAI技術の導入は、良悪性などの病理 …

ヘリコバクター・スイス菌

ヘリコバクター・ピロリ菌に加え、胃癌発生原因の可能性菌として新たなヘリコバクター属菌が同定された。 国立感染症研究所細菌第二主任研究官の林原絵美子氏らの研究グループは、胃MALTリンパ腫を含む複数の胃疾患患者からヘリコバ …

内視鏡AIの薬事承認

将来、内視鏡検査現場において、内視鏡医の診断を支援する上で、AIが占める比重は過大なものとなると予想される。 そのため、早期のAI実用化が求められるが、2017年1月に厚生労働省は「保健医療分野におけるAI活用推進懇談会 …

消化管疾患におけるAI病理診断

上下部内視鏡検査時に採取される胃・大腸生検検体は、病理医にとって診断機会の最も多い標本である。 厚生労働省が公開している2017年度のレセプト情報・特定健診等情報データベース によると、内視鏡下生検法は1年間に約380万 …

病理診断におけるAI技術

消化管内視鏡検査時の生検検体は病理医による良悪性などの診断が行われる。 従来は、主に2人の顕微鏡ダブルチェックが行われていたが、近年のAI (artificial intelligence)技術の発展は著しく、特に深層学 …

ESD時穿孔に対する自己筋芽細胞シート

内視鏡検査時に発見された早期十二指腸がんは、ESDにより切除可能である。 十二指腸内腔は狭く屈曲しており、消化管壁が非常に薄いため、ESD手技的に困難な場合が多く、穿孔をきたす危険性が高い。 また、Vater乳頭部には胆 …

Page 1 / 2212»

クリニック情報

診療時間

● 予約検査
午前 9:00〜12:00
● 初診・診察
午後 2:00〜 4:00
◎土曜日(午前)は、初診も行っております

休診日

土曜午後、水曜、日曜、祝日

アクセス情報

  • 堺東駅より徒歩7分
  • 堺駅より堺東駅行きシャトルバス (3番乗り場)で約8分。 熊野小学校前下車すぐ

〒590-0946 大阪府堺市堺区熊野町東4-4-19