大阪府堺市の「医潤会内視鏡クリニック」は胃・大腸内視鏡専門施設です。堺東駅・堺市駅からもアクセス便利な内視鏡専門のクリニックです。
ニュース
  • HOME »
  • ニュース »
  • バイオマーカー

バイオマーカー

胃癌における免疫チェックポイント阻害剤奏効バイオマーカー

ピロリ菌の除菌療法の普及により、胃癌の発生件数は減少しており、また内視鏡検査の発展およびESDなどの内視鏡的切除の進歩により早期発見・早期治療が可能となっているが、進行性胃癌や転移を伴う難治性胃癌に対しては抗がん剤などの …

膵臓癌における新たなバイオマーカー 

膵癌は、背部痛などの症状による診断時には進行癌の状態で発見されることが多く、外科的切除の適応とならず、抗癌剤治療のみの対象となり、5年生存率は8.5%と極めて予後不良であるが、膵癌による死亡者数は年々増加の一途を辿ってい …

小児クローン病の血液診断マーカーの開発

炎症性腸疾患(IBD)とは、小腸・大腸などの消化管に炎症が発生し、慢性的な下痢や血便、腹痛などの症状を伴う病気の総称であり、主に潰瘍性大腸炎とクローン病の2つに大別され、30万人の患者がいると報告され、本邦で最も多い指定 …

消化器癌におけるバイオマーカー

従来より、大腸腫瘍の発見には簡便で非侵襲的であり便潜血検査があるが、ポリープをはじめとした出血性疾患にとどまる。 そのため、大腸癌に対する身体に優しい高精度な方法が求められている。 そのなかで、訓練されたがん探知犬が高精 …

IBDにおけるバイオマーカーとしてのMAIT細胞

MAIT細胞(mucosal associated invariant cell )は末梢血T細胞中の1〜8%を占める自然リンパ球であり、腸管粘膜固有層やパイエル板に多く存在する。 T細胞、iNKT細胞と同様に、NK細胞 …

早期大腸癌におけるctDNAの有用性

早期大腸癌患者において、根治的治療後の再発モニタリングは重要な課題のひとつである。 早期大腸癌のうち、粘膜内癌は、断端陰性の場合においてはリンパ節・血行性転移がないため完全治癒症例となる。 しかし、粘膜下層への浸潤を認め …

クローン病におけるバイオマーカー(血清 LRG)

潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患の炎症度の判定には大腸内視鏡検査が用いられる。 しかし、侵襲が高いため繰り返しの検査施行には抵抗がある。 特に小腸型クローン病にはダブルバルーン小腸内視鏡検査が行われるが、小腸は …

大腸癌におけるミアテスト

大腸癌は早期で発見できれば非常に予後の良い疾患である。 エクソソームは、ほとんどの細胞から分泌される直径 50nm ~ 150nm 程度の膜小胞で、内部にmicroRNAなどが含んでおり、癌の種類によってエクソソーム内の …

食道癌におけるmicroRNA

食道癌は、現在、早期で発見できれば内視鏡切除により完治する疾患となっているが、進行癌では周囲臓器やリンパ節などへの浸潤転移も早く予後の悪い疾患となる。 microRNAは20前後の塩基配列を有するnon-coding R …

リキッドバイオプシーとしてのcfDNA

消化器癌をはじめとした様々な癌種において、バイオマーカーの発展は目覚しいものがある。 リキッドバイオプシーの一つである血中循環腫瘍細胞(Circulating Tumor Cells (CTC))の分野においては、現在, …

Page 1 / 212

クリニック情報

診療時間

● 予約検査
午前 9:00〜12:00
● 初診・診察
午後 2:00〜 4:00
◎土曜日(午前)は、初診も行っております

休診日

土曜午後、水曜、日曜、祝日

アクセス情報

  • 堺東駅より徒歩7分
  • 堺駅より堺東駅行きシャトルバス (3番乗り場)で約8分。 熊野小学校前下車すぐ

〒590-0946 大阪府堺市堺区熊野町東4-4-19